書籍詳細

書籍名 張仲景50味薬証論
ISBNコード 9784901767064
著者名 黄 煌 著  中田敬吾 監訳
定価 4,500 円 (税別)
詳細 『KAMPO十大類方』の姉妹書である本書は、“張仲景の薬証を明確にしなければ、日本漢方も中医学も本質は理解できない”を主旨としている。張仲景の薬証を把握するために『傷寒論』『金匱要略』の条文または内容を分類・比較・帰納により読んでいけるよう編集したものと言える。極めて経験を重視する張仲景の用薬基準・処方構成の真髄が、著者の臨床的で具体性を尊ぶ精神と中医学的味付けにより明快に説かれていく。単に「傷寒」「金匱」が重要であるという視点ではなく、具体的にどのように大切で何が書かれ、そこから何を学び臨床にどう活かすのかが、臨床家の視点からとてもよく整理され述べられているところが特徴である。
A5判、320頁
数量:
カゴに入れる
  • [ 目次 ]
    1. 桂枝……………… 1
    2. 芍薬……………… 14
    3. 甘草……………… 21
    4. 大棗……………… 29
    5. 麻黄……………… 33
    6. 附子……………… 43
    7. 烏頭……………… 53
    8. 乾姜……………… 55
    9. 生姜……………… 63
    10.細辛……………… 66
    11.呉茱萸…………… 72
    12.柴胡……………… 76
    13.半夏……………… 85
    14.黄耆……………… 95
    15.白朮………………103
    16.茯苓………………114
    17.猪苓………………123
    18.沢瀉………………126
    19.滑石………………129
    20.防已………………132
    21.葛根………………135
    22.楼根……………141
    23.黄連………………144
    24.黄………………152
    25.黄柏………………157
    26.山梔子……………160
    27.大黄………………166
    28.芒硝………………177
    29.厚朴………………180
    30.枳実………………185
    31.楼実……………191
    32.薤白………………195
    33.石膏………………199
    34.知母………………205
    35.竜骨………………209
    36.牡蛎………………214
    37.人参………………218
    38.麦門冬……………227
    39.阿膠………………230
    40.地黄………………235
    41.当帰………………239
    42.川………………244
    43.牡丹皮……………248
    44.杏仁………………252
    45.五味子……………258
    46.桔梗………………263
    47.子……………266
    48.桃仁………………268
    49.虫………………273
    50.水蛭………………275
    付録-弁証論治新論…278
    方剤索引………………286
  • [ 自序抜粋 ]
    ●薬証は現代中医学の各種概念の最も基本的で最も重要な要素であり、八綱、六経、病因、臓腑、気血津液、衛気営血、三焦などの各種の弁証法の最も具体化された表現である。薬証を明らかにしなければ、中医学も日本漢方もその本質を理解することはできない。

    ●薬証には現代中医学で通用している「証」ばかりではなく、西洋医学で認識しているところの「病」を、更には症状、症候群、体質などといった概念までも含んでいる。

    ●中医学の入門者の多くは、中医学において用薬は理-法-方-薬の過程を厳格に辿りながら行われると考えてしまいがちであるが、実際はまったく反対である。臨床にあたる医師の眼にはまず「某薬証」あるいは「某方証」が浮かび、その後に初めて「某治法」あるいは「某理論」にまで昇華されるのである。

    ●現在、中医学は凡俗化の傾向が著しく、多くの中医師は往々にして、実践的でない理論に惑わされ、弁証論治は臨床的中身が稀薄な傾向に陥ってしまっている。実際の漢方方剤運用には勿論中医学理論は必要であるが、詰まるところの原因は『傷寒論』『金匱要略』の基礎、特に張仲景の薬証に対する研究が欠乏していることに帰結できよう。

    ●張仲景の薬証とは仲景一人の経験によるものではなく、漢代以前の用薬経験を総括したものに加え、後世数千年にわたって無数の医家が臨床で検証、証明することによって発展してきたものである。その用薬法は極めて厳格に経験を重視していることが読み取れる。『傷寒論』『金匱要略』は薬証を研究するための最も優れた臨床資料なのである。

    ●本書は、臨床で常用され且つ張仲景による薬証が比較的明確な薬物50味を選び、『傷寒論』『金匱要略』の条文を比較分析、著者の臨床経験を照らし合わせることにより、「原文考証」「薬証定義」「仲景の配合」「常用配方」の四部構成で薬物の使用基準の明確化に重点を置き論述した。

    ●歴史上日中両国の医家達は既に目覚しい実績を残してきている。清代の傷寒家・崛起、近代経方家の出現、日本の古方家達による実践など全て一種の理論と臨床規範を創り上げてきた。中でもその代表としては清代の医家鄒による『本経疏証』、日本古方派の大家、吉益東洞による『薬徴』が挙げられる。著者の研究はそれらを基礎としている。

    ●著者の研究を通じて、読者が古典中医学を重視することに喚起されることを願って止まない。
  • [ 序 ]
     黄煌先生は南京中医学院出身の中医師である。優秀な臨床医であり、かつまた古典の研究に情熱を持つ中堅医師である。約10年前、先生が京都大学老年科に留学しておられるときに知り合い、私達の診療所へ出入りされるようになったが、若いにもかかわらず非常に漢方医学に造詣の深いことを知り驚いたことを記憶している。黄先生と話しをすることにより、先輩の私が教えられることも多々あった。当時黄先生は過去の治験例(医案)の研究に着手しておられ、『医案助讀』という著書を頂いたが、様々な治験例を読む上で参考になる書物であった。

     現在の中国では中医学院を卒業した中医師が殆どを占めるに至っている。中医学院では中医理論に基づいた医学を教えている。中医理論は日本の後世方理論とほぼ同じものと言えるが、それをさらに詳細・徹底化したものと言える。問題はその理論が陰陽五行論を基にした観念的理論であることである。医学理論はあくまでも実際の臨床に則した理論でなければならないが、中医理論はややもすると実際の臨床から遊離したものになる危険性を持っている。医学史に詳しい黄先生は中国の医学史の中でこのように理論に走りすぎ臨床から遊離してしまった時期があると指摘し、中医理論の適度の抑制の必要性を述べておられる。医学は常に実際の臨床に根ざしたものでなければならず、理論はそれに付随し補足するものであるとの考えによるものである。この意味で黄先生は過去の臨床例である医案を非常に大切に考えてこられたと言える。また黄先生は数ある優れた医師の中から徐霊胎(清)を評価しておられる。徐霊胎は『傷寒論類方』を著し傷寒論医学の重要性を訴えた人であるが、同じ時期に当時全く交流のなかった日本でも吉益東洞が『類聚方』を著し、傷寒論医学の重要性を主張している。黄先生はこの吉益東洞の功績も同様に評価しておられるが、東洞が必要な医学理論まで全て捨て去ったことを残念がっておられる。黄先生は日本滞在中、私達の診療所で浅田宗伯の著書を読み、古方の医学を主にし、必要な医学理論を駆使している浅田宗伯の医学が、先生の考える医学に非常に近いことを発見し、浅田宗伯は日本における徐霊胎であると迄言い切っておられる。

     さてこのような黄先生は理論を重視する中医師の中で経方派(日本における古方派に近い考えを持つ流派)に属す医師と言える。このような点から日本の漢方医学にも強い親近感を持ち、日本漢方の良い点も取り入れておられる。黄先生の短い日本滞在中に為した仕事の一つに「体型弁証」と言うのがある。丁度、第6回国際東洋医学会(6th ICOM)が東京で開催され、「体型弁証」につき発表されたが、内容が特に優れているとして会長賞を受賞しておられる。この「体型弁証」は日本の随証治療の考えを取り入れた実践的な医学理論である。

     黄先生は1997年に『KAMPO十大類方』という非常に実践的なテキストを著されたが、これは国際東洋医学会で発表した「体型弁証」をさらに発展充実させた書として日本の漢方医家にとって有用な書となっている。今回出版する『張仲景50味薬証論』は先に出版の『KAMPO十大類方』を薬物面から補足充実した感があり、張仲景の処方構成の真髄を理解するのに非常に参考になる。

     『傷寒論』が著されてから既に1800年の歳月が流れ、疾病の様相も大きく変化してきているが、今なお実際の臨床の場における『傷寒論』『金匱要略』の意義は深く大きいものがある。この張仲景の医学を臨床に活かすためにも、今回出版の『張仲景50味薬証論』と『KAMPO十大類方』の二書は有益なテキストになると期待を大きく膨らませている。
書籍検索
漢方
鍼灸
薬膳
その他
過去の出版物・CD-ROM
漢方医学の基礎知識
ご利用ガイド
新規会員登録
Myページ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
株式会社メディカルユーコン
発行人:垣本克則

〒606-8225
京都市左京区田中門前町87番地
TEL:075-706-7336
FAX:075-706-7344
info@yukon.co.jp

FAX専用のご注文書によるお申込み

当サイトからプリントアウトしたFAX専用ご注文書により、弊社へFAX注文して頂く方法もございます。
この場合、ネット上でのご注文と比べてお支払い方法や送料・運送会社が一部異なります。

FAX注文用シートはこちらをクリック
  • お買い物ガイド 当店のご利用方法をご案内します。
  • 書店の皆様へ 常備書店のご案内
  • 京都漢方研究会
  • 京都漢方研究会

お買い物のご案内

セキュリティについて
当サイトでは、安心してご登録、お買い物をして頂けるようサイト全体をSSLで暗号化し、セキュリティに万全を期しております。
お支払い方法について
◎ネット上のお支払い方法は「クレジットカード決済」と「代金引換」の二種類からお選び頂けます。

◎ご注文時に「クレジットカード決済」をお選び頂くと、ご注文内容確認後のお支払い手続きで、AEONクレジットサービスが運営する「イオンレジ」の専用画面からクレジットカードでお支払い頂くことができます。したがいましてお客様のカード情報を加盟店である弊社が保有することなくご決済頂けます。

◎クレジットカードはAEONカード、5大国際ブランド(VISA, Mastercard, JCB,AMERICAN EXPRESS, Diners Club)がご利用頂けます。

◎「イオンレジ」のクレジットカード決済は3Dセキュア(本人認証サービス)を標準搭載しています。
送料について
ご購入金額10,000円未満580円(税込)
北海道・沖縄県=1,080円(税込)
ご購入金額10,000円以上無料
尚、海外への発送はお取り扱いできません。
代金引換手数料について
ご購入金額10,000円未満324円(税込)
ご購入金額10,000円以上無料
返品・交換について
【お客様のご都合による返品】
申し訳ございませんが、お受けできません。ご了承ください。
【乱丁本・落丁本、および配送途上での破損・汚損、
またはご注文商品と異なる場合】
ただちに新しい商品またはご注文の商品と交換させて頂きますので、商品到着後7日以内に下記へご連絡ください。交換に関わる送料は弊社が負担いたします。
E-mail info@yukon.co.jp
電話 075-706-7336 Fax 075-706-7344
お問い合わせ先

メール・電話・FAXにて承っております。

〒606-8225京都市左京区田中門前町87番地
TEL:075-706-7336 FAX:075-706-7344
E-mail info@yukon.co.jp

営業時間について
ネット上でのご注文は24時間受け付けております。
尚、海外からのご注文はお取り扱いできません。
商品発送について
土・日・祝日、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みなどを除き、原則として受注後、あるいはお支払い決済確認後、24時間以内に発送致します。品切れ・再版中などにより、発送が通常より遅くなる場合には別途ご連絡致します。
ご利用案内
  1. 1.商品を選んでお買い物カゴへいれましょう
    商品を選び商品詳細画面へ進み、「カゴへ入れる」ボタンを押してください。
  2. 2.購入手続きへ進みましょう
    お買い物カゴ画面が表示されます。商品と金額を確認し「購入手続きへ進む」ボタンを押してください。(購入手続きに時間が掛かりすぎると、お買い物カゴ画面に自動遷移され、購入手続きを最初からやり直す必要がありますのでご注意ください。)
    ※会員の方はIDとパスワードを入力して「購入手続きへ進む」を押すと、次の購入者情報で自動入力されます。
    ※ご注文確定後にも、会員登録を行うことが出来ます。
  3. 3.購入者情報を入力しましょう
    「お名前」「ご住所」「電話番号」「メールアドレス」など、お買物に必要な情報を入力してください。
  4. 4.お支払い方法を選びましょう
    お支払い方法を選択し「次へ」ボタンを押してください。
    ※お買い物カゴで手続き中に前の画面に戻るときは、画面内の「戻る」ボタンで移動してください。
  5. 5.ご注文内容を確認しましょう
    ご注文内容をご確認ください。間違いがなければ「この内容で注文する」ボタンを押してください。
    ご注文受付の画面が表示されご注文完了です。ありがとうございます。
    ※ご注文確定後にも、会員登録を行うことが出来ます。

ページのトップに戻る